アイコン年齢による薄毛について考える



 


育毛豆知識 P-1



アイコン年齢による薄毛

 

悲しいことに、男性女性問わず、年齢とともに、その個人差はあるにしても、誰もが通る運命なのがこの薄毛です。 この厳密な対処法はないと言っていいでしょう。

しかし抜毛が減ったり、薄毛の進行を和らげるといったような、改善の可能性は十分にあると思われます。
その根拠となるのが、ある入院患者A(79)さんのお話です。

身内の方の証言によるものなのですが、Aさんは入院するまで、その体調不良のせいなのか、老化によるものなのか分かりませんが、 月日が経つにつれてどんどん、髪の毛が薄くなっていったそうです。


寝たきりになりついには入院してしまいました。その後5年間ほどのことを語ってもらったのですが、 入院前には薄くなっていた髪が、どんどん濃くなっていったというのです。

寝たきりにもかかわらず、何が原因で増えていったのか?


ここからは推測となるのですが、Aさんの習慣として、とにかく睡眠時間が短く不規則だったらしいのですが、 入院したことによって、これが改善されました。

食生活については、元々がどうだったのか、よく分からないのでなんともですが、これについては、入院して流動食になったことで、 消化・吸収がよくなり、髪にまで栄養が回るようになったのではないか?と考えることができます。


その結果、皮肉にも入院寝たきりになってはじめて、薄毛が改善されたというのがAさんのお話です。

この話から私が皆さんにお伝えしたいことはただ一つ、食生活と睡眠は非常に重要で侮れない ということです。 寝たきりの79歳の方ですら、この食生活と睡眠が改善されたことで、髪が増えてくるのですから、五体満足の方なら 言わずもがなですよね。




アイコン食生活と睡眠について

重要性については先に示した通りですが、ではどのように生活すれば理想のカタチとなるのでしょうか。

まず食生活についてですが、重要となってくる栄養素は「ビタミン」「亜鉛」「タンパク質」になります。

これらをバランスよく摂取することによって、薄毛対策としては理論上はOKなはずです。



しかしここでまた、問題が出て来るので注意が必要です。それが、タンパク質などの過剰摂取による、内臓に対する過負荷の問題です。 具体的に、どのようなことが負荷になるのかと言いますと


 
  • 就寝前の食事(睡眠時に内臓が休めない)
  • ドカ食い・食いだめ
  • 水分摂取が不十分
  • 逆にがぶ飲み
  • 足などの冷え
  • タンパク質の過剰摂取
  • 精製塩の取り過ぎ など

せっかく栄養分を摂取しようと努力しても、内臓に過剰に負荷をかけてしまい結果、血液の濾過能力が追い付かない、または 低下することで血流が悪化した結果、必要な栄養分が毛根に届かない。ということにつながってしまいかねないのです。

逆に言うと、これらに注意して、必要栄養素を摂取するようにすると、間違いなく育毛効果は上がるということですね。

 理想的には

チェックマーク 就寝3〜4時間前には食事を終えているようにする。
 
チェックマーク 一日に水分を1.2〜2L、時間を分けてこまめに摂る
  ようにする(一度に飲むのは逆効果)
 
チェックマーク お酒の飲み過ぎ、食べ過ぎは控える。
 
チェックマーク 冬場など、靴下を2重にはいたりして
   足の冷えを防ぐ。
 
チェックマーク 塩分の取り過ぎに注意する。
アイコン 育毛豆知識P-2を見る
 
アイコン 育毛豆知識まとめページへ戻る


トップへ戻るボタン

アイコン おすすめ育毛剤ランキングを見る
 
アイコン おすすめ育毛シャンプーランキングを見る
 
戻るアイコン 薄毛改善の為の育毛実験室を見る
 
戻るアイコン トップページへ戻る


アイコンおすすめサイト内関連記事 アイコンサイト内メニュー
当サイトの情報およびデータの無断流用は固く禁止しています
Copyright © 2014 薄毛改善入門サイト All rights reserved.