アイコンシャンプー方法を変えると抜毛は減る?



育毛豆知識 P-3



アイコン頭皮の乾燥に関する補足

 

前項の補足になります。

頭皮も顔などと同じで、洗ったりすると乾燥します。
これはあくまで、私自身の体感的なものになりますが、年齢とともに、洗髪後に感じる、頭皮から水分が蒸発していく感覚 が強くなったように感じられます。

これは、肌を潤す成分が年々減少しているのと、頭髪が減少したことによって保湿が出来にくくなっているのが原因なのかな?と思ったりしています。

肌が乾燥してツッパリ、血行不良、炎症、皮脂過剰分泌などの肌トラブルを引き起こし、薄毛を促す環境が形成され、やがて薄毛になっていきます。

薄毛になった結果、頭皮を髪で覆えません。その結果、乾燥、皮脂過剰分泌、紫外線によるダメージの増加により一層の薄毛へと突き進みます。
そのため薄毛の頭皮では、この悪循環が延々と繰り返されているのではないだろうかと推測することが出来ます。

では、頭皮の乾燥対策についてまとめてみます。



ビックリマーク

これはあくまで、乾燥肌の方に対するものです。
ただ、難しいのですが、オイリー肌だと思っていても、実は肌内面は油分も水分も不足しているという 肌状態も存在する為、オイリー肌の方でも一度試して みると、過剰皮脂分泌が正常になり、今までのべた付きがなくなり落ち着いてきた、 という改善が得られることも、充分にあり得ます。
(私もこの肌質タイプですが、今は大分べた付きが軽減されてきています)


チェックマーク シャンプー頻度を変える、または液量を減らす(季節
  によって)

  育毛剤をつけるために清潔にする必要がある、と認識されて
  いる方からすると意外かもしれませんが、1日交代で湯しゃ
  んと通常のシャンプーを繰り返すのは問題ありません。
  (育毛剤が頭皮に浸透するにあたって。)
  むしろ、乾燥して荒れた頭皮に育毛剤を塗布する方が危険
  です。なぜなら頭皮に異常のある方はご使用をお控え
  下さいとしっかり書いてありますよね。
  頻度を落として逆に健康な頭皮に改善される可能性も
  あります。
 

チェックマーク 部屋の湿度を保つ

  冬場は暖房器具によって、とくに乾燥するので、
  加湿器などによって加湿するのは有効です。
  また、頭皮を保温するという意味でも、蒸れない
  程度にニット帽を被って過ごすというのも有効だ
  と思われます。
ビックリマーク

上記の「頭皮の異常」について補足です。

 

肌の異常がある場合、その箇所が受ける刺激は正常状態時に比べ、何百倍にも強くなると言います。 つまり、正常な肌なら良薬となる製品でも、肌異常時にはその刺激が毒になる可能性もあるということです。 良かれと思って使っていたら、それが原因で悪化するということもあり得ますので、十分に注意して下さい。




※下記はシャンプーの注意事項として、ふれなかった「朝しゃん」「シャンプー前のオイルマッサージ」に対する補足です。

 
矢印画像

アイコン朝シャンプー


朝しゃんという言葉自体よく聞き、これが抜毛の原因になっているのではないか?ということでよく言及されています。

実際のところどうなのかというと、おそらく薄毛の原因になっていると思われます。

その根拠の説明として諸説ありますが、最も納得出来る説明はこうなります。
まずシャンプーによって頭皮から皮脂が洗い落されます。
この後皮膚はバリア機能を保つため皮脂を分泌します。

夜に洗った場合、寝ている間に分泌されますが、朝に洗うと分泌される前に外に出ることになります。

そうすると、バリア機能が弱いところに紫外線などのダメージを受けることになります。

そういったことが抜毛など、頭皮トラブルの原因になると、考えることが出来るというわけです。
なので、どうしても朝、髪を洗いたいと思う方は、お湯のみで洗う程度にしておかれた方が、まだいいのではないでしょうか。


イラスト


アイコンシャンプー前のオイルマッサージ


先の説明で「シャンプーパック」についてふれましたが、これはあまりお勧め出来ないということでした。 では「頭皮の皮脂が気になってしょうがないんですけど!」というかたの場合、どうすればよいのか。

方法は二つあります。
一つは、シャンプー前に念入りに、お湯で頭皮の汚れを落としておくこと。
私の場合は、90秒ほどの間、時間をかけて流すようにしています。

これをしだすと、2度洗いなんて全く必要ないほど、シャンプーの泡立ちが良くなりますので、どんどんシャンプーの使用量が減っていきます。
普段はこれをするだけで、十分です。

問題は、それでも落ちていない不要な皮脂汚れがあったりする場合ですが、ではこの汚れはどうすればいいのかと言いますと
二つ目の方法として、シャンプー前のオイルマッサージがあります。

これをするとシャンプーパックなんてしなくても、頭皮にダメージを与えることなく、オイルに含まれる栄養素を浸透させながら皮脂を取り除くことが可能です。

やり方は、シャンプー前の乾いた頭皮に、市販のスキャルプケアオイルや、オリーブオイル、ホホバオイルなどをつけて 湯船につかりながら、こすらずじんわりとマッサージ。10分ほど経過後、シャンプーで洗い流すというものです。

オイルでオイルを溶かして落とす。これは女性のメイク落とし(私は男性なので推測になりますが)や、エンジンオイルなどのフィルター汚れを、 灯油で洗浄したりすることと同じ要領ですね。
(当然ですが、灯油を頭皮には絶対に使わないで下さい!)

これによって、落ちにくい皮脂も溶け落ち、オイルに含まれるビタミンE効果で血行もよくなります。

ちなみに、これらのオイル成分(不飽和脂肪酸)は頭皮にとって良いものであり、シャンプーで洗い落ちやすいので 意外に抵抗なく使えると思います。



ビックリマーク

オイルマッサージの注意事項は
「乾いた頭皮に対して行うこと(濡れた状態はオイルが浸透しずらいです)」
「やり過ぎないこと」
1週間に1回、多くても2回やれば十分ということです。 それ以上は逆に落とし過ぎということにもなりかねず、肌トラブルにもつながりますので注意して下さい。
何事も加減が必要ということです。





アイコンストレスによる影響

 

ストレスとは多かれ少なかれ、誰もが受けるものです。
その大まかな影響をまとめると、こちらのようになります。


チェックマーク 血行不良
  ストレスは自律神経を乱し、血管を
  収縮させ血流を悪化させる。

チェックマーク 内臓の不調
  内臓が不調になると、タンパク質や
  ミネラルの合成が悪くなる。

チェックマーク ホルモンバランスが崩れ、男性ホル
  モン分泌が過剰になる。過剰な皮脂
  の分泌を巻き起こす。

チェックマーク 睡眠不良


イラスト

ストレスを受けるのは仕方がないので問題はそれを発散することにあります。

その方法とは主に


チェックマーク

アイコン適度な運動   アイコン趣味にいそしむ  アイコン音楽を聴く

 

アイコン動物との触れ合い   アイコン睡眠   アイコン湯船につかる など




アイコン 育毛豆知識P-4を見る
 
アイコン 育毛豆知識P-2へ戻る
 
アイコン 育毛豆知識まとめページへ戻る


トップへ戻るボタン

アイコン おすすめ育毛剤ランキングを見る
 
アイコン おすすめ育毛シャンプーランキングを見る
 
戻るアイコン 薄毛改善の為の育毛実験室を見る
 
戻るアイコン トップページへ戻る


アイコンおすすめサイト内関連記事 アイコンサイト内メニュー
当サイトの情報およびデータの無断流用は固く禁止しています
Copyright © 2014 薄毛改善入門サイト All rights reserved.