アイコン育毛豆知識



薄毛を治す為に、育毛豆知識を学ぶ



アイコン育毛効果を上げるために必要な前準備


 

  
 

お手数おかけして申し訳ないのですが、 こちらにたどりつかれた方はこの機会に、まず育毛剤や育毛シャンプー、抜け毛の原因など 育毛に関係する基本的な知識を得るところから、はじめてみることをお勧めします。

ここでは基本的なことから少しマニアックなことまで掲載しておきますので 「育毛の知識は結構あります!と言われる方」でも、もしかすると新しい発見があるかもしれませんので、 いま一度目を通されることをお勧めします。

また、比較的お金のかからない育毛方法のヒントも記載しておりますので、 もしお金をかけたくなくて、何もケアせずにモヤモヤされていらっしゃる 方がおられましたら、きっとお役に立つことと思われます。

これに一通り目を通された上で、もう一度改めて、ご自身の頭髪ケアについて向き合ってみられては如何でしょうか。



アイコン抜け毛・薄毛の原因について

  •  年齢によるもの(老化)
  •  頭皮の乾燥によるもの
  •  遅漏性皮膚炎によるもの
  •  腎臓・肝臓などの内臓の疾患によるもの
  •  頭髪への血行不足・栄養不足
  •  摩擦によるもの
  •  ストレスによるもの
  •  髪型などが原因なもの
  •  体質などの遺伝によるもの
  •  AGAによるもの
  •  出産後のもの

これらが主な原因になっているのではないかと考えられています。
ではこれから、これらについて、1つずつ見ていってみましょう。




トップへ戻るボタン

育毛豆知識 まとめページ



アイコン年齢による薄毛

 

誰もが通る道ではあるが、出来る限り早い時期から、睡眠や食事などといった生活習慣を良好なものに することによって、進行を遅らせる、若干改善する、といったことは可能である。



アイコン より詳しくは育毛豆知識P-1を見る



アイコン食生活と睡眠

 

髪にとって必要となる栄養素は主に、「ビタミン」「亜鉛」「タンパク質」である。
ただ、これらの栄養素を食事から十分に摂取するのは難しく、サプリメントやプロテインなどで 補うといったような対策が効果的である。

また、これらの栄養素とは別に、ノコギリヤシも重要。 「5α−リダクターゼの生成を抑制する」ことから 薄毛対策にも効果があると言われている(前立腺肥大症の改善効果も認められている)
ただその効果については、万人に対して認められているわけではなく、プロペシアなどには及ばない。 サプリメントの範疇であることを知った上で活用する必要がある。

睡眠については、夜の22〜2時の間に髪はもっともつくられる(成長ホルモンの分泌が盛んになる)ので出来る限り寝るようにする。

また、十分な時間(6〜7.5時間と言われている)睡眠をとらないと、内臓が休まらず機能が低下、あるいは体内(脳)の代謝老廃物 の処理が追いつかない状態が起こり、健康にも髪にもよくはない。



アイコン より詳しくは育毛豆知識P-1を見る



トップへ戻るボタン

アイコン腎臓をいたわる恩恵

 

腎臓は育毛にとって重要な内臓器官の一つであり、腎臓をいたわるプロセスがそのまま 育毛する行為になっていることが多い。

足冷え対策として、靴下を2重にはいたり、足湯。睡眠の充実。軽い運動。 就寝3〜4時間前には食事を終えているようにする。 一日に水分を1.2〜2L、時間を分けてこまめに摂る。 お酒の飲み過ぎ、食べ過ぎは控える。 塩分の取り過ぎに注意する。

これらによって腎機能が正常になれば、良好な血液(ドロドロではない)が全身にスムーズに運ばれる可能性が高まる。



アイコン より詳しくは育毛豆知識P-2を見る



アイコン頭皮の乾燥、脂漏性皮膚炎

 

頭皮の皮脂を必要以上に洗い落し続けると、皮脂の過剰分泌につながったり、乾燥による頭皮トラブル につながったりする。また、表面はテカッているのに、肌内面は乾燥しているという状態になることもある。

過剰に分泌された皮脂を落とす為に、必至になって洗うと、より皮脂が過剰に分泌されるといった悪循環をループ することにもなりかねない。

これについては、シャンプー方法を見直すだけでも改善の可能性がある。

その方法としては
シャンプーには時間をかけない(前湯洗い1〜2分、シャンプー1〜1.5分すすぎ2分位)
シャンプー時にはマッサージはしない(シャンプー前に行うのが効果的)
出来る限り高級アルコール系界面活性剤のシャンプーではなく、アミノ酸系のものを使う。 (皮脂を落とし過ぎず、頭皮に対するダメージも軽減される)
こするようには洗わない(弱い毛が摩擦で抜ける)
季節によっては、シャンプーの頻度を落とす(湯しゃんの日をつくる)など、自分の頭皮の乾燥具合と 相談して対応するのも効果的である。



アイコン より詳しくは育毛豆知識P-2を見る



トップへ戻るボタン

アイコンストレスの影響

 

ストレスとは多かれ少なかれ、誰もが受けているものです。それをいかにうまく発散してあげられるかが重要になる。

具体的な発散方法としては
適度な運動、趣味にいそしむ、音楽を聴く、動物との触れ合い、睡眠、ゆっくり湯船につかるなどと言ったことになります。

これによって自律神経の乱れが緩和したり、ホルモンの異常などが収まることにより、抜毛が軽減するなどの変化がみられる可能性も高まる。



アイコン より詳しくは育毛豆知識P-3を見る



アイコン遺伝による薄毛

 

遺伝によって体質が引き継がれ、その影響で薄毛になる可能性は十分ある。しかし、その体質が 色んな要因によって、体表面に発現しない可能性もある。

薄毛になる要因は、生活習慣といったような後天的な要素からも大きく影響を受けて いるので、薄毛の進行を遅らせるなど、改善の余地は大いにあると考えてよいと思われる。



アイコン より詳しくは育毛豆知識P-4を見る



アイコンAGAによる薄毛

 

この症状としては、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が、どちらか一方、または双方から薄くなっていく。

特徴としては、髪が太く成長しきる前に抜けるという状態が繰り返されるため、細い毛が多くなっていく。 そしてその進行は緩やか。

多くの場合、頭皮に毛包自体は残っているため、薄毛を改善出来る可能性は高い。

対処方法としては
皮膚科・クリニックなどに通院し、治療を受ける。
自宅でフィナステリドやミノキシジルを使った製品を使用して改善をはかる。

重要なポイントは、これらの成分を使用すると、副作用のリスクがあるということ。


勿論、使ったからといって、全ての人に発毛効果があるというわけではない。また、 逆に副作用についても 高い確率で起こるものではないということも、知っておく必要がある。

例えば、1%ミノキシジルの外用使用ならその確率は2%ほど。 しかし濃度が上がるにつれ、その発毛効果も副作用の発生確率も高くなり、 5%ミノキシジルなら 9%にもなるので、 「軽い気持ちでは取り組まない方がいい」と言える。

男の画像


アイコン より詳しくは育毛豆知識P-4を見る




アイコンマッサージ方法について(補足)

 

やり方によっては、非常に効果が期待される、マッサージですが、間違ったやり方で行うと逆効果になる場合もあります。

チェックマーク注意点

気持ちいいくらいの、力加減で行うこと
⇒毛細血管を破壊することになりかねません。

こするようには、行わない
⇒摩擦で新生毛が抜ける恐れがあります。

やり過ぎによって、皮脂の分泌につながったり、頭皮の硬質化にもつながると言われていますので、 育毛剤を使用した後、ついやり過ぎたくなる気持ちはよく分かりますが、そこをぐっとこらえて、 軽く押さえる程度にしておいた方が良いでしょう。

気になってしょうがない時は、肩や、首のコリをほぐしてあげるのがおすすめです。

製品によっては、マッサージしなくても十分浸透するものもありますので、 育毛剤の浸透が気になる方は、その旨を電話で相談して確認した方がよいでしょう。



トップへ戻るボタン

最後に



 チェックマーク ここまで読まれた内容は必ず役に立ちます


 
  男の人形

ここまで目を通して頂きまして、ありがとうございました。ここまで読んでいただいた方は かなりの育毛知識を得たと言っていいと思われます。

これから育毛について取り組んでいく上で、シャンプーや育毛剤を仮に使用するにしても、製品に対する選別の目というものが、 養われたのではないでしょうか。

私自身、これからも新しい情報で有用なものは、日々取り入れていくつもりにしておりますが、冒頭で述べた通り、かなりのスピード で、世の中の育毛情報は更新されていますので、皆さんもそういった新しい情報には敏感になっていただけたらなと思います。



男の画像

ここまでの育毛豆知識は、ネット上の口コミや商品ページなど、 色んな情報ページを洗いざらい見て回り、その中で有用そうなものだけ抽出して、それをもとに自分で実験検証して、 使えると思ったものだけ掲載させていただいています。

他にも色んな情報がありましたが、信憑性の薄いものや、根拠が薄いものなどは検証することなく省略させていただきました。

また、最も重要なことですが、育毛効果というものは一つの対策だけするのではなく、やった方がよいと思われることは、 同時に合わせて行った方が、相乗効果により効果が高くなるということです。

あまりいい例ではないかもしれませんが、皮膚病にかかった時に、塗り薬と飲み薬を処方されたりしますが、 この時塗り薬だけで対処していると、なかなか治らず、ひどいときには慢性的なものになってしまったりします。

ところが飲み薬と合わせて処置するとアッという間に治ったりします。
一概に同じように照らし合わすことは出来ませんが、やはり外的要素(育毛剤、シャンプー、マッサージなど)と内的要素(栄養、睡眠、運動など) と合わせて行うことがより良い結果を生むというところでは共通していると思われます。

その辺のことからも、出来る限りまとめて対策は行うことをお勧めします。 また育毛方法などで、私には効果があったように思われることでも、もちろん万人に有用なものというわけではありませんので、そこから先は 皆様ご自身の判断と、日々の育毛努力にかかっているということを覚えておいて下さい。




アイコン おすすめ育毛剤ランキングを見る
 
アイコン おすすめ育毛シャンプーランキングを見る
 
戻るアイコン 薄毛改善の為の育毛実験室を見る
 
戻るアイコン トップページへ戻る


トップへ戻るボタン
アイコンおすすめサイト内関連記事 アイコンサイト内メニュー
当サイトの情報およびデータの無断流用は固く禁止しています
Copyright © 2014 薄毛改善入門サイト All rights reserved.